固形石鹸の活用方法2・食器を洗おう!

え、固形石鹸で食器を??って思いますか?
そうですね。食器は中性洗剤で洗うもの、それが一般的だと思います。
でも実は、固形石鹸って油汚れに強いんです。試しに一個洗ってみてください。泡切れも良くてすっきり洗えると思います。

コツはスポンジに固形石鹸をつけたら、ギュギュッともんでしっかり泡立てること。泡立ちよくするには、目の粗いスポンジを使った方がよさそうです。
それと洗剤にくらべて滑りやすいので、食器を持つ時はちょっと気をつけましょう。

固形石鹸に変えた時、一番劇的に変わった!と実感できるのは、何といっても手荒れでしょう。素手で中性洗剤を使っていると、手が荒れますよね。
肌の弱い人は本当にボロボロになって、見るのもつらくなります。
ですが固形石鹸に変えると、ビックリするぐらい手荒れが減ります。減るというよりも、なくなるといった方がいいくらい。
だって普通に石鹸で手を洗う機会って、絶対食器を洗う機会より多いですよね。
でも石鹸で肌が荒れたっていうのは、あんまり聞きません。
もちろん、長い時間お湯に手をつけているだけで手荒れは起こるものですが、ずいぶん楽になること、保証しますよ☆

■固形石鹸で洗う時のアドバイス

油汚れがひどいものは何もつけないスポンジで軽くさっと流してから洗うといいですよ。これは中性洗剤でもいっしょです。洗剤の使う量が減ります。

そしてすすぎはしっかりとすること!

これも中性洗剤でもいっしょです。
実は泡をさっと流しただけでは、洗浄成分はお皿にべったりと残ってるんです。なので泡が消えたあとからが本当のすすぎ!…と思っておいた方がいいです。
しっかりすすいでいると、洗浄成分が残ったお皿と、成分が落ちて陶器の素肌が出たお皿の触り心地の違いが分かると思います。
固形石鹸の方が中性洗剤よりも洗浄成分が落ちやすいので、すすぎも楽です。

香料が強い固形石鹸を使う時は、よくすすぐことで香りも落ちます。多少残っていても、乾いたころには飛んでしまいますから、大丈夫ですよ。

固形石鹸「徹底」活用方法!

picture1レンジでふわふわソープ?
レンジで作るふわふわソープって知ってます?まずは一度試してみて!
picture2食器を洗おう!
固形石鹸が実は一番力を発揮するのは、油汚れ。これ、ホントですよ??
picture3掃除・洗濯に大活躍!
固形石鹸じゃ汚れが落ちない…なんて思ってません?一度使えば分かるはず。
picture4防虫剤・芳香剤にも…☆
香料の強くないのを選ぶのがコツ。優しい香りでしかも長持ち!
picture5もっともっと使いやすく!
ちょっと加工してやるだけで、使い勝手はまるで変わります。
picture6それでも余ったら…
「それでもこんなにいらない…!」だったら、あげてしまいましょう!
ページトップ
固形石鹸の活用方法
固形石鹸のコラム
自己紹介

toto 管理人:toto

家から合成洗剤を排除して、もう5年。石鹸オンリー生活を満喫中の自称ナチュラリストです。これからも、固形石鹸の雑学を更新していきます。

オススメSHOP


「ビューティサポート」
アレッポの石鹸のセットがお安いです。

Design by 無料ホームページ素材 | Flash素材 | 格安ホームページ制作