固形石鹸の活用方法5・もっともっと使いやすく!

それでもやっぱり、固形石鹸は固くて大きくて使いづらい!
そう思ったら、固形石鹸を下ろし金で下ろしてしまいましょう!

粉になったらそれをボウルか何かに入れて、倍量くらいの熱湯を注ぎます。
軽くかき混ぜて一晩置くと、どろっとしたジェルのような石鹸ができ上がります。

これを容器に入れて、ハンドソープとして使うもよし、ボディソープにするもよし、洗濯や食器洗いに使うもよし…。
ぐっと使い道が広がります。
ジェル石鹸に重曹を混ぜると、クレンザー代わりにもなりますよ。

粉のまま洗濯石鹸代わりにしてもいいですよ。ジェルに比べて溶けにくいので、水の冷たい冬場などは、先に軽く溶かしてから洗たく機に入れた方がいいかもしれません。重曹を大さじ1杯ほど足すと、洗浄力もアップします。
すすぎの時にはクエン酸を小さじ1杯ほど入れてやると、仕上がりがよくなります。間違っても石鹸といっしょにクエン酸を入れないように!石鹸はアルカリ性なので、酸が混ざると洗浄力がなくなります。

下ろす時、すぐに下ろし金の目がつまってしまう場合は、冷凍庫などで軽く冷やしてやりましょう。固くなれば、下ろしやすくなります。
熱湯は倍量と書きましたが、もし固いようなら量を増やしてください。一度試してみて、使いやすい量を見つけてみてください。あんまり多くすると、泡立たなくなりますからね。
もし時間が経って固くなってしまった時は、お湯を足せば戻ります。固くなりにくいちょうどいい濃さがありますから、いろいろ試してみてくださいね。

でもわざわざ下ろすのはめんどくさい!
力がいるのでつかれる!

そう思ったら、一番手軽な方法があります。

最近、泡になって出てくるフォームポンプって売ってますよね?
あれに水といっしょに固形石鹸を入れておくんです。
軽く振って溶かしておくと、泡で出てくるハンドソープの出来上がりです!
もちろんハンドソープだけじゃなく、洗濯の部分洗いにも便利ですよ。
水や固形石鹸がなくなったら、その都度足していきましょう。

固形石鹸「徹底」活用方法!

picture1レンジでふわふわソープ?
レンジで作るふわふわソープって知ってます?まずは一度試してみて!
picture2食器を洗おう!
固形石鹸が実は一番力を発揮するのは、油汚れ。これ、ホントですよ??
picture3掃除・洗濯に大活躍!
固形石鹸じゃ汚れが落ちない…なんて思ってません?一度使えば分かるはず。
picture4防虫剤・芳香剤にも…☆
香料の強くないのを選ぶのがコツ。優しい香りでしかも長持ち!
picture5もっともっと使いやすく!
ちょっと加工してやるだけで、使い勝手はまるで変わります。
picture6それでも余ったら…
「それでもこんなにいらない…!」だったら、あげてしまいましょう!
ページトップ
固形石鹸の活用方法
固形石鹸のコラム
自己紹介

toto 管理人:toto

家から合成洗剤を排除して、もう5年。石鹸オンリー生活を満喫中の自称ナチュラリストです。これからも、固形石鹸の雑学を更新していきます。

オススメSHOP


「ビューティサポート」
アレッポの石鹸のセットがお安いです。

Design by 無料ホームページ素材 | Flash素材 | 格安ホームページ制作